東京 新宿 許認可 建設業 運送業 飲食・風営 産廃業 薬事法

風俗営業許可

風俗営業許可

目次

 ⇒【法改正情報サービスはこちら】
   ・ラブホテル営業、出会い喫茶営業への規制
 ⇒【風俗営業の種類とは
   ・一般の呼称と異なります(風俗営業と性風俗営業)
 ⇒【事例:2号営業許可申請(キャバクラ等)ポイント・必要書類
   ・申請費用、処理期間等
   ・必要書類一覧                     
 ⇒【実査(現地調査)について
   ・立地基準、内装設備など調査項目一覧
 ⇒【警察官等による面談について】   
   ・管轄による違い

風 俗 営 業(パチンコ屋、ゲームセンター、キャバクラ他)

 風俗営業とは、下記のように広範囲の娯楽施設をさします。近年、新しいビジネスが、風俗営業に該当しうる例もでてきてますので、無許可営業にならないよう、事前確認によるリスク管理が必要です。

 ☆補足:とりわけガールズバーを営業されている方は『深夜酒類提供飲食店』として公安委員会への手続きを行われているケースが見受けられますが、多くの場合『接待』を伴ってますので、風俗営業2号営業(社交飲食店)の無許可営業に該当します。
 摘発された案件も増えているようですが、この場合、懲役刑もありえるので、リスクが非常に高いです。
→改正法49条1項:2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金又はその併科
        
 なお、一般に「風俗」とよばれるものは、法律上、「性風俗関連特殊営業」として区別されますので、次項で説明いたします。

風俗営業の種類とは

次はどの種類許可を取得すべきか、次項にてご説明いたします。
 ⇒【風俗営業の種類とは
   ・一般の呼称と異なります(風俗営業と性風俗営業)

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional