東京 新宿 許認可 建設業 運送業 飲食・風営 産廃業 薬事法

建設業許可

建設業許可 What's new!

10/29 2012年11月1日から建設業許可申請時(更新含む)に社会保険適用書類が必要となります。

現在お問合せ頂いた方に改正概要の資料を無料でプレゼントしています。
⇒お問合せはこちら ~Contact us~


目次

 ⇒【建設業許可の申請区分・費用
   ・許可を受けるべき申請区分
   ・申請区分に応じた費用
 ⇒【建設業許可29業種
   ・請ける工事内容に対応した業種を判断
 ⇒【建設業許可要件】 
   ・御社は許可要件を満たせるか?チェック!
 ⇒【建設業許可後の手続
   ・許可業者様顧問・運営サポート業務について
   ・コンプライアンス遵守手続
   ・経営事項審査の評点UP

許可取得のメリット

 建設業許可は軽微な建設工事については原則必要ありません。しかし、許可をとることで以下のメリットを見込むことができます。

①建築一式以外の工事:500万円以上の工事を請けることができます。
②建築一式工事:1500万円以上の工事を請けることができます。

    ※木造住宅は例外あり。

③一定規模以上の公共工事を請けることが可能となります。

    ※経営事項審査を受けることも必要となります。

④取引先を始めとした、社会的信用や資金調達につき好影響を見込むことができます。

    ※建設業許可が取引条件になっている場合も少なくありません。

建設業許可の有効期間

有効期間は5年間です。

知事許可の更新

期間満了日2ヶ月前~30日前までに許可要件をすべて満たした上で更新許可が必要

大臣許可の更新

期間満了日3ヶ月前~30日前までに許可要件をすべて満たした上で更新許可が必要

建設業許可の種類・費用

 次項では、許可の申請区分と費用をご説明いたします。
 ⇒【建設業許可の申請区分・費用
   ・許可を受けるべき申請区分
   ・申請区分に応じた費用

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional