東京 新宿 許認可 建設業 運送業 飲食・風営 産廃業 薬事法

事例:2号営業許可申請(キャバクラ等)ポイント・必要書類

事例:2号営業許可申請(キャバクラ等)ポイント・必要書類

実際に許可申請する場合のポイント

[1]申請窓口:所管の公安委員会の管轄警察署(細かく分かれています)
[2]提出時期:営業開始2ヶ月前が望ましい
[3]申請手数料:原則24,000円(東京都公安委員管轄の場合 H25.3.30時点)
 複数同時申請は、軽減特例がございます。 
[4]許可基準
 ①営業者(法人の場合、役員全員)が欠格事由に該当しないこと
 ②管理者(欠格事由なし)をおくこと
 ③構造・設備基準の適合性(照度5ルクス超、防音、視線の遮断その他)
 ④場所的基準の適合性(用途規制に適合・保護対象施設の距離も調査)
 ⑤飲食店営業許可をとっていること
[5]申請書類:下の表を参照

書 類 名 称法人個人
1許可申請書
2営業所の構造設備の概要
3営業の方法
4メニューの写し
5営業所の地域略図(保護対象施設距離と用途地域を線引き)
6建物案内図
7営業所(店舗内)平面図
8営業所(店舗内)求積図・面積計算書
9営業所(店舗内)音響・照明設備配置図
10使用権限証明書(登記簿、家屋使用承諾書等)
11定款の写し
12現在事項証明書
13住民票(本籍記載)
14身分証明書(破産等ないこと)
15登記されていないことの証明書(後見登記等)
16誓約書(申請者用)
17誓約書(管理者用)
18管理者の住民票(本籍記載)
19管理者の身分証明書(破産等ないこと)
20管理者の登記されていないことの証明書(後見登記等)
21飲食店営業許可書の写し
22☆申請者が外国人の場合
外国人登録原票記載事項証明書
外国人登録証(表裏)の写し
23管理者の顔写真2枚(縦3cm 横2.4cm)
24委任状(行政書士に委任する場合)

◇補足
 場所によっては公図、都市計画証明などが別途必要な地域もあります。
 メニューについては、明確性がないものは補正の対象となりえます。
 朝キャバ、昼キャバなどは別途ご相談ください。

実査(現地調査)について

次項では、申請後の実査についてポイントをお伝えいたします。
 
 ⇒【実査(現地調査)について
   ・立地基準、内装設備など調査項目一覧

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional